読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

たるみ、ほうれい線予防は幹細胞培養液頭皮ローションで頭皮ケアから

たるみ、ほうれい線予防と頭皮ケア

加齢による、顔のたるみ、ほうれい線の原因は、一つとは限らないんです。様々な原因が互いに影響しあって、結局、顔のたるみ、ほうれい線を引き起こしてしまうと言うことの方が多い様に思います。その様々な原因の中に、頭皮のトラブルがあります。

 


鏡で、良く見てみると頭皮から顔にかけて皮膚がつながっていることに気が付くと思います。頭皮のトラブルは、顔にも影響すると言うことです。顔と頭皮の関係については、以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 


頭皮ケアを行うことで、自然と顔のたるみ、ほうれい線予防の対策になります。最近の化粧品の進化の速さはとても早いです。とうとう、頭皮ケアも細胞に働きかける対策をしようという製品が販売されてるようになりました。今回は、そんなすごい細胞レベルのお話を記事にしてみました。

 


顔のたるみ、ほうれい線予防に対策が必要な頭皮トラブルの原因

 

f:id:maemukiworld:20170117012356j:plain

 

頭皮トラブルの一つに、抜け毛による薄毛があります。男性の3人に1人は、抜け毛による薄毛で悩んでいると言われています。ここ最近では、女性の薄毛の悩みも増えています。 主な原因には、ストレスやアンバランスな食生活(タバコ、偏食、添加物食品の過剰摂取など)、 遺伝的要素、ホルモンの影響、外傷・過度のパーマや染毛などが考えられます。

 


髪のヘアサイクルは、成長期 → 退行期 → 休止期 → 脱毛という過程を経て、4~6年の間で、発毛と脱毛を繰り返していきます。このヘアサイクルが様々な原因で乱れ、最も長い成長期が短くなり、髪が充分育たないまま抜けてしまったり、また成長しきらない痩せた髪の割合が増えることで薄毛になったりします。

 

f:id:maemukiworld:20170117012523j:plain

 


髪のヘアサイクルを正常に戻して、髪の毛を十分に成長させるためには、毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化が必要です。

 

 

毛髪の太さは、毛乳頭の大きさに影響されます。毛乳頭を構成する毛乳頭細胞の増殖を促進することが、太くて健康な髪につながるのです。この毛母細胞や毛乳頭細胞の働きが悪くなることで、ヘアサイクルの休止期から成長期へのサイクルがストップしてしまい、ヘアサイクルの異常が発生することで、薄毛が起こります。

 


また、ストレスや食生活その他の原因によって、毛母細胞や毛乳頭細胞の働きが悪くなることで、頭皮の細胞にも十部な栄養が行き渡らずに頭皮のたるみが生じてしまいます。結果、顔のたるみ、ほうれい線を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為に幹細胞培養液配合コスメで頭皮ケアを始めましょう

 

f:id:maemukiworld:20170117012807j:plain

 

 

最近は、頭皮のたるみも抜け毛や薄毛も結局、細胞が活性化することで効果が期待できると考えられているようです。そこで、最先端医療から考えられた、幹細胞培養液配合の頭皮ローションが誕生したのです。

 


幹細胞培養液配合の頭皮ローションは、細胞の働き自体を目覚めさせ、持続的なヘアサイクル活性化へと導いてくれると言います。今までは、「老化などで減少してしまった成分を補う」という対処療法でしたが、今回は、毛髪の元を作る細胞を作り、育てる対処法へと変化したことを意味します。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の幹細胞培養液配合コスメについて

 

f:id:maemukiworld:20170117012845j:plain

 


幹細胞培養液とは、幹細胞を培養するときに、幹細胞から分泌される成分のことです。この成分には、500種類以上のたんぱく質成分が含まれていて、そこには、サイトカインと呼ばれる細胞活性の鍵となる情報伝達物質が豊富に含まれています。

 


幹細胞培養液には、幹細胞自体は入っていないので、倫理的な問題や遺伝子の問題は生じません。その点からも、今後の再生美容に期待できると考えられています。


幹細胞培養液、幹細胞については、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com


 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

そのスゴイ頭皮ローションは、「STEM BIO(ステム バイオ)」です。STEM BIOは、幹細胞培養液「ADSC-CM」を主成分として作られたローションです。そこに含まれる150種類以上のサイトカイン(細胞活性の鍵となる情報伝達物質)のうち、主な成長因子が以下のものです。

 


▼ケラチノサイト増殖因子
毛髪や皮膚が形成されるのに必要なケラスチン(毛髪を構成するたんぱく質)を生成する毛母細胞の増殖・分裂を促進させる。毛髪も成長させる働きがある。


▼線維芽細胞増殖因子
創傷治癒の際に細胞の再生や血管新生を促進させ、血管や皮膚を再生する働きがあります。


▼肝細胞増殖因子
血流改善や毛周期の退行期や休止期の毛包を成長期へと導く働きがあります。


▼インスリン様成長因子
毛包内の毛母細胞を活性化し、細胞分裂させ発毛を促進する働きがあり、ヘアサイクルを正しい周期に導きます。

 


主な成分を挙げましたが、頭皮の滞った血流を活性化させ、毛母細胞に働きかけることで、抜け毛、薄毛による頭皮のたるみも改善され、顔のたるみ、ほうれい線予防につながる効果が期待できる成分ばかりだと思います。


加齢を気にしない毎日を送る為に、気が付いた対策を少しづつ始めることが大切です。