顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔たるみ、ほうれい線、いびきと関係があった!無くす対策どうする?

一見、いびきと顔たるみ、ほうれい線って関係なさそうですよね!? ところがいびきと顔たるみ、ほうれい線には深い関係があるようなのです。

 

 

いびきは、鼻づまりが原因の場合もありますが気道や舌の奥の筋肉、つまり顔の筋肉が衰えて重力によって垂れ下がり気道が狭くなって起きるケースが多いそうです。 顔の筋肉つまり表情筋の衰えは、顔のたるみやほうれい線の原因にもなります。

 


そんな、いびきと顔たるみ、ほうれい線との関係について、そして、顔たるみ、ほうれい線を酷くしない為にも、いびき対策としてなにができるのかを記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線といびきの関係

 

 

f:id:maemukiworld:20170125005903j:plain

 

 

 

ある統計調査で、男性の方が女性よりいびきをかく人の割合が高いようです。でも、最近は、女性でもいびきをかく人が増えているようです。いびきの原因は、脂肪や筋肉によって空気の通り道である気道が狭くなることにあります。

 


狭い通り道に空気が流れることによって空気抵抗が大きくなり、呼吸をした際に粘膜が振動して大きな音(いびき)が生じます。

 


試しに、顔の力を完全に抜いた状態でわざと鼻の奥で「いびきの音」を鳴らそうとしてみてください。おそらく、普段からいびきをかく人は「いびきの音」を出すことができたと思います。

 

 

では、次に頬を「ニッ」と笑って筋肉を釣り上げた状態で同じように鼻の奥で「いびきの音」を鳴らそうとしてみてください。 音を鳴らせなかった、もしくは鳴らしにくくなりませんでしたか?

 


これは、筋肉が上がって気道が広がったため、空気の通りが良くなっているからなのです。 子どもの頃や若いころはいびきをかかなかったのに、年齢を重ねるにつれていびきをかく人が増える理由は、この点にあったのです。

 


また、「お酒を飲んだ日はいびきをかく」という人も多いでしょう。 実は、これもアルコールが持つ筋弛緩作用で筋肉が緩んだ結果、頬の筋肉が垂れ下がり気道が狭くなることが原因です。 このように顔たるみ、ほうれい線といびきには大きな関係性があるのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線ができてしまう習慣

 

f:id:maemukiworld:20170125010143j:plain

 


顔のたるみ、ほうれい線ができてしまう原因は、様々な原因が重なり合って生じるものですが、大きな原因としてあげるとすれば「顔の筋力の低下」「加齢にともなう肌の乾燥」などです。


では、これらに繋がる習慣とはどんなものがあるのでしょうか?それは以下の習慣が大きく関係しています。

●ビタミンC不足

●コラーゲン不足

●暴飲暴食や偏食

●紫外線

●喫煙

●目の疲れ

●顔のむくみ

●ストレス

 


肌のたるみの原因は、乾燥や紫外線、栄養不足などです。そして筋力低下の原因は、加齢はもちろんですが、疲れやストレスによって血液やリンパ液が滞って顔がむくみ、重さで筋肉が垂れ下がってしまうことも大きな要因なのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線の予防になるいびき対策「パタカラ」がスゴイ

 

f:id:maemukiworld:20170125010440j:plain

 

 

顔のたるみほうれい線といびきには、大きな関係があるということがわかったと思います。また、筋力低下にともない気道が狭くなることが、いびきの大きな原因でもあり、顔のたるみ、ほうれい線の原因にもなるわけです。

 


予防、もしくは改善するためには、顔の筋力アップが対策として考えられます。加齢に伴い弱った筋肉を鍛える方法として「パタカラ」があります。

 


パタカラは、歯科医師によって開発されたものです。皮膚の内側に働きかけることで表情筋を効果的に鍛えられます。唇と歯茎の間に装着して、口を閉じると器具の形状と材質の復元力で口輪筋(口の周りの筋肉)、頬筋(頬の筋肉)に強制的に負荷が加わり、それにつながっている顔全体の筋肉(表情筋)の運動が自然に促されるというものです。


▼パタカラの効果


口呼吸が癖になっている方は、パタカラによって鼻呼吸ができるようになるようです。口呼吸は、病原菌などもまとめて空気中から直接、体内に取り込んでしまいます。また、睡眠も浅くなり不眠などにもつながります。

 


パタカラを継続することで、いびきを始めとして、口臭対策、不眠、姿勢改善などの効果が期待できます。また、美容面では、顔たるみ、ほうれい線改善効果、二重あご、目のクマ、むくみ対策などの効果があります。


▼パタカラの使い方

 

f:id:maemukiworld:20170125011136p:plain

 


①唇と歯茎の間に装着します。

②痛い時はロープ引きながら調節します。口を「ウー」と突き出して強く閉じるのがベストです。

③そのままくわえた状態で3分です。下あごに梅干しのシワができるように唇に力を入れて口をつぐんだままです。

これを1回3分で1日4回行います。

 


パタカラはいびき対策としては、学会で発表され、特許も取得している医療器具から生まれたものです。口コミなどを検索すると、1週間ほどで、顔のたるみ、ほうれい線が気にならなくなった方が多かったです。また、1ヶ月ほどでいびきも解消されたということです。顔のたるみ、ほうれい線改善といびきのダブルの効果はうれしいことですよね。