読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ、ほうれい線予防には、テロメアの長さが重要その方法とは

たるみ、ほうれい線予防口コミ、グッズ たるみ、ほうれい線予防と食生活習慣

2009年に、米国のビル・ アンドリュース博士がノーベル医学生理学賞を受賞して、話題になったのが、テロメアです。人は、このテロメアが長いほど長寿になるそうです。しかし、残念なことに細胞分裂を重ね、年齢を重ねるほどに、短くなってしまうもののようです。

 

 

テロメアを長くしておくと老化を防ぐことができると言われています。また、老化を防ぐことで、顔のたるみ、ほうれい線の予防をすることができるということで、テロメアを長くしておくことは、とても大切なことです。さて、それには、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に大切なテロメアとは

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143108j:plain

 


テロメアが存在している場所は、染色体の先端です。DNAの中身を守ってくれている構造のことです。このテロメアは、細胞が分裂をする度に徐々に短くなっていきます。テロメアが短くなり過ぎると、もはや細胞が分裂できず、細胞は、自然と死に至ります。

 

 

テロメアの長さは、様々な生活習慣によって変化するため、個人差があるようです。テロメアの短い人は、各種心臓病、ガン、糖尿病、骨粗鬆症などになりやすいと言われ、同じ年齢でも、テロメアが短い人、長い人がいるようです。テロメアの長い人は、免疫力が強く、心機能なども優れたままであり、その他、老化に伴う病気にもかかりにくいということです。

 

 

テロメアは、細胞分裂を繰り返す度に短くなってしまうものですが、生活習慣によっても短くなってしまうようです。短くしない生活を繰り返すことが、顔のたるみ、ほうれい線防止につながるようです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為にテロメアを長くするための習慣

 

 

肥満・喫煙習慣・ストレスは、短いテロメアとの関連性があることがわかっています。また、炎症を起こすような食事や酸化ストレス(体内の酸化・還元バランスが崩れ、カラダを傷つける活性酸素が多くでてしまっている状態)というのはテロメアを急速に短くしてしまいます。

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143248j:plain

 


そこで、抗酸化効果のある食べ物やサプリメントを摂取するとテロメアの短縮を遅らせることが可能といわれています。

 


逆に、運動・マルチビタミン・オメガ3脂肪酸は長いテロメアとの関連性があることがわかっています。具体的には、理想的な体脂肪率(女性は22%以下、男性は16%以下)及び体重を保ち、1日1時間以上の有酸素運動及び、レジスタンストレーニング(筋肉に一定の負荷をかけて行うトレーニング)を行い、一日8時間の睡眠をとり、ストレスを軽減し、喫煙習慣を辞めることがテロメアの長さを保つためには大切と言われています。

 


また、テロメレース(テロメナーゼ)という酵素がずっと活性化した状態を保つと、テロメアは、短くならないということが研究などで明らかになっているそうです。細胞を長生きさせる秘密の一つがこのテロメレース酵素にあるようです。

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143507j:plain

 


実は、植物には、全ての体細胞に「テロメア」を修復する酵素「テロメラーゼ」が備わっているため、野菜を生のまま摂取することで、テロメラーゼを大量に摂取することができます。テロメラーゼは、熱を加えると壊れてしまうので、テロメラーゼの摂取には、生野菜や生ジュース(青汁)が最適となります。

 

 

しかし、テロメアを長く保つことができても、エネルギー生産が上手くいかないと人間の体を維持することはできません。エネルギー生産は、ミトコンドリアを活性化させる必要があります。ミトコンドリアについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com



 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為にテロメアを長くする食事

 

 

テロメアを長く保つためには、生野菜、生ジュースなどの摂取が効果的ですがその他にも効果的な食材があります。


▼テロメアを長く保つ食材

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143702j:plain

●豆やナッツ

 

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143806j:plain

●海藻

 

 

f:id:maemukiworld:20170212143912j:plain

●乳製品

 


一方、テロメアを短くしてしまう食品としては、赤身の肉、加工肉、甘い炭酸飲料などが挙げられます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為、5年でテロメアが長くなった方法とは

 

 

テロメアを長くするために、生活スタイルを改善した場合、5年でテロメアが長くなったという研究があるそうです。でも、その生活というのは、それほど難しいことではなく、一般的に健康的な生活と言われる習慣を続けれるだけで、変化していくようです。

 


◆健康的食事

 

 

f:id:maemukiworld:20170212144030j:plain

 

全粒穀物、野菜、果物、ホールフードを継続的に摂取する。

ホールフードと言うのは、食品を丸ごと食べるという習慣です。野菜なら葉から根まで、白米より玄米、白パンよりも全粒粉パンを選ぶことが、テロメアを長くできる食生活の様です。

 


◆運動の習慣

 

f:id:maemukiworld:20170212144234j:plain

 

1回30分の運動を週に5回以上行うことで、テロメアを長く保つことができるようです。

運動をよく行っている人は、糖尿病、高血圧、心臓病、骨粗鬆症、ガンなどの発症率が低下し、病状が改善されることが、様々な研究で確かめられています。

 


◆ストレスの管理

 

f:id:maemukiworld:20170212144341j:plain

 

 

受動的な緊張緩和にとどまらず、積極的なストレス対策をすることで、テロメアを長く保つことができるようです。

ヨガやメディテーションを上手く取り入れて、リラックスする時間を設けることが大切です。

 


以上、テロメアを長く保つための生活習慣を紹介しましたが、特別なことはなく、一般的に良いと言われる生活習慣ばかりだと思います。テロメアを長く保つと、病気は治らなくても、寿命を伸ばすことはできると言われていいるほど、テロメアは、人間の寿命にとって大切の様です。


良いことは、上手く生活習慣の一部として取り入れて、顔のたるみ、ほうれい線予防へとつなげていきたいですね。なかなか、日本で購入するのは困難の様ですが、テロメラーゼ酵素を活性化させるサプリメントもある様です。

顔のたるみ、ほうれい線予防に最強の美容枕で猫背、いびき改善対策

たるみ、ほうれい線予防と姿勢 たるみ、ほうれい線予防と寝相 たるみ、ほうれい線予防口コミ、グッズ

顔のたるみ、ほうれい線ができる原因は、様々ですが、まさか・・・猫背やいびきまで、顔のたるみ、ほうれい線と関係があるの?と思った方もいるのではないでしょうか?いつも、訪問して下さっている方は、本当にいつもありがとうございます。そういう方は、もうご存知だと思います。初めての方は、以下の記事を参考にしていただくと、猫背もいびきも顔のたるみ、ほうれい線と深い関係があることがわかると思います。


以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 


上記の記事にも触れていますが、現代では、パソコン、スマホを長時間使用することで、同じ姿勢をずっと続けることが多くなってきています。同じ姿勢を続けることで、猫背を引きおこしてしまいます。また、いびきは、加齢による筋肉の衰えや重力によって、睡眠中の気道が狭くなることが原因です。

 


どちらも、放っておくと、美容面だけでなく、健康面にも影響を及ぼす可能性があるので、積極的な対策は大切になります。その対策として、枕を考えることって、重要なのです。そんなことを記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に枕はとっても大切な理由

 

f:id:maemukiworld:20170127014210j:plain

 

 

顔のたるみ、ほうれい線が少し気になり出しつつ、実は、猫背、あるいはいびきも気になっている方で、他に、体調面で気になっていることはありますか?例えば・・・・


▼慢性的な肩こり、首こりがある

▼寝付きが悪く、どちらかと言うと不眠症である

▼自分のいびきで目覚める時がある

▼朝、目覚めが悪く、めまいが起こる時もある

▼慢性的な腰痛がある

▼慢性的な頭痛がある

▼熟睡できず肌荒れが気になる

▼朝起きた時、顔のむくみが気になる

▼イライラする時があり、集中力に欠ける

 


以上の様な症状に心あたりがある方は、使っている枕が合っていない可能性があります。また、自分の枕について、あるいは眠りで不自由だと思っている点などじっくり考えたことはありますか?例えば・・・


▼寝返りがしづらい

▼熟睡できていない気がする

▼起きた時、どうも首・肩・腰の調子が良くない

▼なぜか起きたときいつもうつ伏せ寝になっている

▼枕の下に手を置いてしまう

▼起きた時、枕が移動していて、頭の下にない

▼いびきが酷いと周りから言われる

 


以上の様なことです。これらのことに当てはまる様な場合があれば、体にもかなり疲れが溜まっているはずです。疲れを取ってスッキリするためにも、使っている枕を考え直してみましょう。睡眠は、私たちにとって人生の約3分の1に相当する重要なリフレッシュ時間です。その大切な時間を枕が合わないということで、無駄にしてしまっているかもしれないのです。

 


熟睡できていない状況ですから、体と脳の疲れは、回復できません。それが健康やお肌に現れている状況が上記の様な症状からの理由です。枕を変えることで、気分もリフレッシュすることができて、お肌にも良い影響を及ぼすのではないでしょか。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防ができて、いびき、猫背対策に効果的な枕とは

 

f:id:maemukiworld:20170128160430j:plain

 

 

▼自分に合った高さを選ぶ


枕は、高すぎると、仰向けで寝た場合、首が圧迫されて、気道が狭くなり、いびきの原因になります。高すぎる枕は、おすすめできません。できれば、自分の首の位置や高さなどを計り、自分の適正な枕の高さを知ることから始めることがポイントです。

 

 

▼適度な硬さを選ぶ


頭が沈んでしまう、柔らかい素材の枕は、寝返りの際には、大きな力を必要とします。それでは、睡眠中に疲れをとることができなくなってしまいます。枕の土台となる下層部が硬く、頭が接する上層部は柔らかい枕がおすすめです。

 

 

このような枕は、土台がしっかりしているので、寝返りもしやすく、頭が接する部分は硬すぎない為に、睡眠中も余分な力を必要としません。

 

f:id:maemukiworld:20170128160739j:plain

 


▼首までサポートしてくれるものを選ぶ


高さ・硬さと同様に首のサポートと言うのは、とても重要です。私たちの首は、約5㎏前後の頭を1日中支えてくれています。その首の筋肉(僧帽筋、胸鎖乳突筋など)を睡眠によって休めることが大切なのです。首の筋肉は、顔の肌ともつながっています。顔の筋肉を休ませるということは、顔のたるみ、ほうれい線の予防にもつながるのです。

 


▼枕の幅も自分に合ったものを選ぶ


枕の幅は、寝返りをした時に、枕から頭が落ちない程度の幅が必要です。そう考えると、最低でも、50㎝以上あることが望ましいです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の猫背、いびき対策にスリープマージピローが効果的

 

「ASMOT」(アスモット)の枕は、どれも「質の良い睡眠の為に枕は大切」という想いから作られている物ばかりなので、どれも良い枕なのですが、特に、スリープマージピローは、女性の為に考えられた枕です。

 

f:id:maemukiworld:20170128160903j:plain

 


スリープマージピローは、下層部分に特殊カットとクッション性の高いラバリーフォームを使用することで、沈み込み過ぎるのを抑制しています。一方、上層部には新開発のレジェンドフォームを採用し、ソフトで優しい癒しの触感で、頭部や首のラインに合わせて形を変えて、ここち良くフィットする素材を使っているようです。

 


後頭部のサポートホールは寝返りなどの自然な動きをサポートするようにできています。また、自分に合う枕の高さがわからない場合は、無料で簡易測定器が送られてきます。自宅で、自分に合った枕の高さを測定することができるのです。その為、枕選びの失敗も防げます。枕の幅も60㎝とゆったりとした幅です。

  


スリープマージピローは、19,800円ですが、一方、「使う程に美しくなる枕」という話題のリンクルフリーピローは、8,023円です。どちらも、女性の美容のことを考えて作られた枕なので、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。