顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

たるみ、ほうれい線予防はコーヒータイムでオートファジー効果を狙う

2016年は、東京工業大学の大隅良典教授のノーベル賞受賞によって、オートファジーが話題になりましたね。最初、難しく何のこと?と言う感じでしたが、「なるほど老化防止にも役立つことなのね」と言うことが徐々にわかってきました。

 


老化防止と言うことは、顔のたるみ、ほうれい線の予防にもつながってしまうという事だったのですね。すご~い!びっくり!と感じた事を今回記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防につながるオートファジーとは

 

f:id:maemukiworld:20170111023936j:plain

 

 

オートファジーのオートとは自分、ファジーは食べるという意味で、名前の通り、自分自身を食べる(分解する)という意味です。細胞の中にあるミトコンドリアや小胞体などの細胞小器官は常に入れ替わっていますが、オートファジーがこの細胞内の入れ替わりを助ける役割を果たしているのです。

 


生物の体内では、古くなった細胞や外部から侵入した細菌などを食べるお掃除細胞、マクロファジーは良く耳にしますが、人体に数十兆個あると言われる細胞一つ一つの中でも、古くなったタンパク質や異物などのごみを集めて分解し、分解してできたアミノ酸を新たなタンパク質合成に使うリサイクルシステムが働いています。このリサイクルシステムのうち分解に関わる重要な機能がオートファジーなのです。

 

 

つまり、オートファジーは、細胞内のDNAなどの核酸やミトコンドリアなどの細胞小器官、細胞膜などの脂質を食べて掃除することで古くなって機能が低下した細胞を処理する作用があります。

 

 

例えば、効率の落ちたミトコンドリアは活性酸素をより多く放出して老化を促進しますのでオートファジーで一新されれば十分なエネルギーを供給することができ、なおかつ活性酸素の発生を抑えることができます。

 


また、コラーゲン線維や弾性繊維を作る線維芽細胞の機能が劣化している場合は、オートファジーによって浄化され本来の機能を回復してくれることが期待できます。線維芽細胞の機能回復が実現されれば、自然と肌には、ハリやツヤが戻り、顔のたるみ、ほうれい線の予防につながります。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為にオートファジーの効果を得る方法

 

f:id:maemukiworld:20170111024049j:plain

 

この頃、注目されている美容法の一つにファスティングというものがあります。これは短期間の間、栄養豊富なドリンクなどを利用して断食を行うことを言います。このファスティングは、オートファジーと深い関わりを持っています。

 


絶食をすると食事から摂取できる栄養素が無くなるわけですが、この時に足りなくなった栄養分を補うために、細胞は自分自身を分解し、栄養素を補うのです。この際にオートファジーが活性化し、効率が低下して、質の悪くなった細胞小器官や異常タンパク質が分解・除去され健康的な体に導くことができます。

 

 

ただ、本格的な断食を実施する際には、専門家の下で適正な指導の下、開始したほうが安全です。オートファジーを活性化させるために自己流で、無理な断食を行うのはかえって健康を損ねてしまう恐れがあるので注意することが大切です。

 

最近、オートファジーを取り入れたスキンケアも注目されています。以下の記事を参考にして下さい。

www.face-akabane-neo.com

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為にオートファジー活性化にコーヒーが活躍

 

f:id:maemukiworld:20170111024200j:plain

 

 

上記では、断食によるオートファジー活性化を説明しましたが、カフェインの摂取でもオートファジーが活性化するようです。カフェインには、エムトール(mTOR)という長寿に関わる酵素を抑制する作用がるようです。このmTORが抑制されるとオートファジーの自食作用が活動するため細胞のメンテナンスが行えます。

 


ゆっくりコーヒータイムを楽しむことで、活性酸素の発生を抑制できたり、線維芽細胞の活性化が促進されたりするのでしたら喜んでコーヒーを飲んでしまいますね。その結果、顔のたるみ、ほうれい線予防につながってしまうのですから、良いことだらけですね

 


また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸はミトコンドリアを活性かさせる影響もあります。更に、顔のたるみ、ほうれい線予防につながると言うわけです。以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



顔のたるみ、ほうれい線予防以外にも期待されるオートファジーについて

 

f:id:maemukiworld:20170105152202j:plain

 


オートファジーは、健康寿命を伸ばす働きも期待されています。オートファジーが抑制されると細胞内に異常タンパク質が発生しやすくなるだけでなく、効率が低下した質の悪いミトコンドリアが生まれることもあるようです。

 


健康な体を目指す為に、オートファジーの役割は大切になってきます。オートファジーが活性化すれば老化の大きな原因とも言える活性酸素も除去されやすくなります。動脈硬化や糖尿病の予防の他に、顔のたるみ、ほうれい線、その他のシワ、シミなど美容効果も期待できます。

 


特に普段の生活で、糖質過多気味の方は、インスリンが過剰分泌されている可能性があります。この状態では、オートファジーを抑制して細胞の老化スピードが速まるため注意が必要です。また、ガン化へのリスクも伴います。長く健康に生活するためにオートファジー機能を上手く活性化させることに意識することが大切です。