顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ、ほうれい線予防に最強の美容枕で猫背、いびき改善対策

顔のたるみ、ほうれい線ができる原因は、様々ですが、まさか・・・猫背やいびきまで、顔のたるみ、ほうれい線と関係があるの?と思った方もいるのではないでしょうか?いつも、訪問して下さっている方は、本当にいつもありがとうございます。そういう方は、もうご存知だと思います。初めての方は、以下の記事を参考にしていただくと、猫背もいびきも顔のたるみ、ほうれい線と深い関係があることがわかると思います。


以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 


上記の記事にも触れていますが、現代では、パソコン、スマホを長時間使用することで、同じ姿勢をずっと続けることが多くなってきています。同じ姿勢を続けることで、猫背を引きおこしてしまいます。また、いびきは、加齢による筋肉の衰えや重力によって、睡眠中の気道が狭くなることが原因です。

 


どちらも、放っておくと、美容面だけでなく、健康面にも影響を及ぼす可能性があるので、積極的な対策は大切になります。その対策として、枕を考えることって、重要なのです。そんなことを記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に枕はとっても大切な理由

 

f:id:maemukiworld:20170127014210j:plain

 

 

顔のたるみ、ほうれい線が少し気になり出しつつ、実は、猫背、あるいはいびきも気になっている方で、他に、体調面で気になっていることはありますか?例えば・・・・


▼慢性的な肩こり、首こりがある

▼寝付きが悪く、どちらかと言うと不眠症である

▼自分のいびきで目覚める時がある

▼朝、目覚めが悪く、めまいが起こる時もある

▼慢性的な腰痛がある

▼慢性的な頭痛がある

▼熟睡できず肌荒れが気になる

▼朝起きた時、顔のむくみが気になる

▼イライラする時があり、集中力に欠ける

 


以上の様な症状に心あたりがある方は、使っている枕が合っていない可能性があります。また、自分の枕について、あるいは眠りで不自由だと思っている点などじっくり考えたことはありますか?例えば・・・


▼寝返りがしづらい

▼熟睡できていない気がする

▼起きた時、どうも首・肩・腰の調子が良くない

▼なぜか起きたときいつもうつ伏せ寝になっている

▼枕の下に手を置いてしまう

▼起きた時、枕が移動していて、頭の下にない

▼いびきが酷いと周りから言われる

 


以上の様なことです。これらのことに当てはまる様な場合があれば、体にもかなり疲れが溜まっているはずです。疲れを取ってスッキリするためにも、使っている枕を考え直してみましょう。睡眠は、私たちにとって人生の約3分の1に相当する重要なリフレッシュ時間です。その大切な時間を枕が合わないということで、無駄にしてしまっているかもしれないのです。

 


熟睡できていない状況ですから、体と脳の疲れは、回復できません。それが健康やお肌に現れている状況が上記の様な症状からの理由です。枕を変えることで、気分もリフレッシュすることができて、お肌にも良い影響を及ぼすのではないでしょか。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防ができて、いびき、猫背対策に効果的な枕とは

 

f:id:maemukiworld:20170128160430j:plain

 

 

▼自分に合った高さを選ぶ


枕は、高すぎると、仰向けで寝た場合、首が圧迫されて、気道が狭くなり、いびきの原因になります。高すぎる枕は、おすすめできません。できれば、自分の首の位置や高さなどを計り、自分の適正な枕の高さを知ることから始めることがポイントです。

 

 

▼適度な硬さを選ぶ


頭が沈んでしまう、柔らかい素材の枕は、寝返りの際には、大きな力を必要とします。それでは、睡眠中に疲れをとることができなくなってしまいます。枕の土台となる下層部が硬く、頭が接する上層部は柔らかい枕がおすすめです。

 

 

このような枕は、土台がしっかりしているので、寝返りもしやすく、頭が接する部分は硬すぎない為に、睡眠中も余分な力を必要としません。

 

f:id:maemukiworld:20170128160739j:plain

 


▼首までサポートしてくれるものを選ぶ


高さ・硬さと同様に首のサポートと言うのは、とても重要です。私たちの首は、約5㎏前後の頭を1日中支えてくれています。その首の筋肉(僧帽筋、胸鎖乳突筋など)を睡眠によって休めることが大切なのです。首の筋肉は、顔の肌ともつながっています。顔の筋肉を休ませるということは、顔のたるみ、ほうれい線の予防にもつながるのです。

 


▼枕の幅も自分に合ったものを選ぶ


枕の幅は、寝返りをした時に、枕から頭が落ちない程度の幅が必要です。そう考えると、最低でも、50㎝以上あることが望ましいです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の猫背、いびき対策にスリープマージピローが効果的

 

「ASMOT」(アスモット)の枕は、どれも「質の良い睡眠の為に枕は大切」という想いから作られている物ばかりなので、どれも良い枕なのですが、特に、スリープマージピローは、女性の為に考えられた枕です。

 

f:id:maemukiworld:20170128160903j:plain

 


スリープマージピローは、下層部分に特殊カットとクッション性の高いラバリーフォームを使用することで、沈み込み過ぎるのを抑制しています。一方、上層部には新開発のレジェンドフォームを採用し、ソフトで優しい癒しの触感で、頭部や首のラインに合わせて形を変えて、ここち良くフィットする素材を使っているようです。

 


後頭部のサポートホールは寝返りなどの自然な動きをサポートするようにできています。また、自分に合う枕の高さがわからない場合は、無料で簡易測定器が送られてきます。自宅で、自分に合った枕の高さを測定することができるのです。その為、枕選びの失敗も防げます。枕の幅も60㎝とゆったりとした幅です。

  


スリープマージピローは、19,800円ですが、一方、「使う程に美しくなる枕」という話題のリンクルフリーピローは、8,023円です。どちらも、女性の美容のことを考えて作られた枕なので、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。