読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ、ほうれい線予防にベルタ酵素が効果的?飲み方は?

酵素は、私たちの体の代謝に大きく関係しているようです。酵素が不足してしまうと体の代謝は悪くなり、免疫力が低下して様々な病気のリスクが高まります。太りやすく痩せにくい体になったり、顔のたるみ、シワ、シミ、白髪や抜け毛などの老化減少を進行させてしまいます。

 


今回は、そんな大切な酵素について記事にしてみました。上手く取り入れることで、老化予防になったり、顔のたるみ、ほうれい線予防につながっていくのではという期待があります。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防につながる酵素とは?

 

f:id:maemukiworld:20170121132114j:plain

 

 

酵素には、体内に存在している「内部酵素(潜在酵素)」食べ物から摂りいれる「外部酵素(食物酵素)」の2種類があります。

 


体内に存在している「内部酵素(潜在酵素)」は、食べ物の消化・吸収に必要な 「消化酵素」 と、免疫力を上げて病気を予防したり、ダイエットに関係している糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、顔のたるみ、シワ、シミ、抜け毛などに関係している新陳代謝に関わる 「代謝酵素」 の2種類があります。

 


上記からもわかるように、 健康や美容、ダイエット、アンチエイジングにとって必要不可欠な酵素は代謝酵素であり、どのようにして代謝酵素の量を増加させたり、代謝酵素の働きを活性化するかが重要な点になります。

 


潜在酵素は生活習慣や加齢とともに減っていきます。加齢に伴い、「慢性的な体の疲れ」、「肩こり、腰痛」、「慢性的な頭痛」、「肌のくすみ」、「便秘など便通の問題」、「寝つきが悪い」、「早起きが辛い」、「夜中に目が覚める」などの症状を感じる場合は、酵素不足が原因として考えられています。

 

 

f:id:maemukiworld:20170121132252j:plain

 


加齢とともに増える白髪については、色素細胞(メラノサイト)が色素を作り出す時に必要な酵素「チロシナーゼ」の減少が原因と言われています。白髪は、酵素が減少しているサインだとも考えられています。白髪を見つけ始めた時、気になり出した時は、「酵素が不足している」状態です。生活習慣の見直しや酵素に対する意識を高める時期だと考えた方が良いです。

 


消化酵素と代謝酵素は相互に密接な関係があります。消化酵素を多く活用すると代謝酵素の量が減り、消化酵素を節約すれば代謝酵素の量が増え、活性化され、健康や美容、ダイエット、アンチエイジングに良い影響を及ぼします。

 


つまり、代謝酵素の量を増やし、活性化させるためには、 消化酵素を節約する必要があります。なぜなら、消化酵素を節約することによって代謝酵素を増やせるからです。

 


代謝酵素は、消化酵素の節約により増加させることができます。代謝酵素の増加により臓器や組織、細胞の修復や栄養素の合成・分解などの代謝が上がり、免疫力が上がる、痩せやすく太りにくい体になる、顔のたるみ、シワ、シミ、白髪や抜け毛などの予防・改善につながっていきます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の食物酵素の摂取法

 

f:id:maemukiworld:20170121132524j:plain

 

 

食生活を改善し、消化酵素を節約して代謝酵素を増加させても、体内に存在する「内部酵素(潜在酵素)」は加齢とともに減少していきます。 しかし、消化酵素を節約して代謝酵素を増やしながら、外部から食物酵素を摂りいれることで、内部酵素が減少する速度を遅らせることができると考えられています。

 


食物酵素は、肉類や魚介類、野菜や果物などに含まれますが、48度以上に加熱すると、酵素の働きが失われてしまいます。 酵素を摂るためには生で食べる必要があります。

 


生食のレバ刺しやタタキ、ユッケは飲食店での提供が禁止されています。寄生虫や細菌、食中毒などの問題があるため、基本的に肉の生食は避けることをおすすめします。

 

 

魚介類も刺身以外は火を通す料理になりますから、日頃から食物酵素を摂りいれるためには、野菜や果物からの摂取が現実的です。ただ、野菜は加熱調理することが多いですから、酵素を摂るためにはサラダやスムージーなどで生野菜をそのまま食べるようにします。

 


野菜は、すりおろすことで酵素が活性化され、その働きが2倍にも3倍にもなるようです。また、すりおろして食べるのに適した野菜は、大根やかぶ、しょうが、ニンジン、きゅうり、レンコン、やまいも、タマネギ、ニンニク、じゃがいも、キャベツなどがおすすめです。生で食べる野菜や果物は、無農薬無肥料のものを選ぶと安心です。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の酵素はドリンクからの摂取がお手軽

 

f:id:maemukiworld:20170121132812j:plain

 

 

上記で、酵素は、食物から摂取できることをお話しましたが、熱には、弱いため、食品を生で食べる必要があります。農薬などが気になり、なかなか無農薬、無肥料の野菜果物を購入するのが大変という方は、サプリやドリンクからの摂取がお手軽に摂取できる方法となります。

 


現在、サプリやドリンクなどもたくさんの酵素が販売されていますが、吸収率の良さという点から考えるとドリンクタイプがおすすめです。サプリなどは、携帯には、便利でどこでも持ち運びに便利というメリットはありますが、体内に吸収される時間が長くかかり、即効性にもかけます。

 


一方、ドリンクの場合は、摂取してから体内に吸収される時間がサプリメントに比べて短いので、即効性があります。時間がなくて朝食が摂れないお出かけ前には、ドリンクを飲むことで、1日元気に過ごせます。酵素ドリンクでおすすめなのが、「ベルタ酵素」です。

 

 

f:id:maemukiworld:20170121133042j:plain

 


かなり、良いです。もともとは、芸能人やモデルなどをされて生活が不規則になりがちな方向けに受注生産のみで販売されていたもののようですが、口コミで広がり一般販売になったという酵素ドリンクです。20代~50代などの広い層の女性の間で話題になっていますよ。

 


ベルタ酵素には、165種類の酵素を使っているほかに、ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロなど肌に良い成分も配合されているため、美容に効果的なドリンクです。この165種類の酵素って、スゴイことですよ。他の酵素ドリンクなどは、だいたい100種類くらいが普通のところ165種類ってダントツスゴイです。

 


また、ヒアルロン酸とプラセンタがセットで配合されているとこがスゴイことです。プラセンタは、線維芽細胞を活性させる働きがあります。線維芽細胞が活性化するとコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成が増加し、乱れた肌のターンオーバーが整い、顔のたるみ、ほうれい線予防へと導いてくれるのです。


ヒアルロン酸いついては以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

プラセンタについては以下の記事を参考にして下さい

顔のたるみ改善とプラセンタ カテゴリーの記事一覧 - 顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為のベルタ酵素ドリンクの飲み方


ベルタ酵素ドリンクは、ピーチ味が主体となっています。水や炭酸で割って飲んでもOK、紅茶に入れて飲んでも良いみたいです。ヨーグルトにかけてもOKです。お好みで、いろいろ試してみるのも楽しそうですね。

 

f:id:maemukiworld:20170121133331j:plain


割って飲む場合は、原液に対して、3~5倍に薄めるのがおすすめです。美容効果ではなく、ダイエット効果も期待したい人は、普通の食事をベルタ酵素に置き換えして飲むことでカロリーを抑えて、体を活性化させながらダイエットすることが可能です。

 


ベルタ酵素の口コミなどを検索すると、「ダイエット目的で購入したけれど、肌の調子が良くなったうれしい」という言葉が多かったです。体の中から綺麗になり、更に肌も理想に近づいてくれるのでしたら、Wでうれしいことですよね。