読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ、ほうれい線予防には肩こり原因の眼精疲労の改善が大事

パソコンやスマホの発達で、目を酷使している方は、多いのではないでしょうか?そして、自分が眼精疲労になっていることに気が付かない方も多いかもしれません。

 

私も、肩こりが酷くて整体に行って、初めて「眼精疲労からくる肩こりですね」と言われ、気が付いたくらいです。

 


特に、年令が若い方などは、「自分が若い」という思いから、眼精疲労からの肩こりに気が付かないままでいるかもしれません。そのことが、年齢を重ねるうちに、顔などのたるみにつながっていくのです。そうなってしまってから気づいても遅いので、今できることを少しづつ始めことで、自分が老化することに歯止めをかけることができます。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線の原因となる肩こりと眼精疲労の関係

 

f:id:maemukiworld:20170102011525j:plain

 

目の疲れと同時に起こる肩こりは、眼精疲労が原因の可能性があります。この場合は、いくら肩を揉んでも、眼精疲労が解消されなければ、すぐに肩こりは再発します。

 


眼精疲労を引き起こしている原因の一つに、デスクワーク時の姿勢の悪さがあります。この姿勢の悪さが頭を支えている首や背中の筋肉、すなわち僧帽筋、肩甲挙筋、棘上筋、刺下筋、三角筋、広背筋の負担を増やして肩こりを引き起こしている場合があります。

 


つまり、背中や肩の血行不良が起きることによる肩こりです。これが酷くなると、頭痛も引き起こしてしまうのです。このように、眼精疲労自体が肩こりの原因である場合と、眼精疲労の原因が同時に肩こりを引き起こしているのです。

 


また、パソコンのディスプレイを長時間見なければならないような仕事の場合、焦点を合わせる毛様体筋や眼球を動かしている外眼筋の偏った緊張が継続します。

 

このことが自律神経の働きを乱し、交換神経が優位になり、肩こりの原因となる筋肉の異常緊張を引き起こしてしまいます。そして、肩こりがさらに眼精疲労を悪化させてしまうという悪循環が生じてしまのです。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線の原因となる理由

 

眼精疲労を引き起こす原因の一つに、姿勢の悪さがあげられます。姿勢が悪いと、猫背を引き起こし、顔のたるみによるシワ、ほうれい線を作ってしまうことになります。

以下の記事も参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線を予防する為に眼精疲労を改善する

 

f:id:maemukiworld:20170102011606j:plain




眼精疲労や肩コリを放置してしまうと、交換神経が優位になり、筋肉が緊張した状態を維持してしまいます。これが、悪循環を引き起こしてしまいますので、目の周りをマッサージしたり、姿勢を正しくするように心掛けたり、定期的に軽い運動をするなどして悪循環を予防することが必要です。

 


また、パソコンやスマートフォン、ゲーム機の画面から発せられているブルーライト(青色光)が眼精疲労の一因であることもわかってきました。

 

 

ブルーライトは可視光線の中でも最も高エネルギーであると言われており、目の奥で錯乱しやすい光線です。これがちらつきやまぶしさを引き起こし、目を疲れやすくしているのです。

 

 

このブルーライトによる目の疲れを防ぐには、やはり定期的に画面から目を離し、蒸しタオルで目の疲れを取るなりできればよいのですが、それができない場合でも、ブルーライトを軽減させるディスプレイ用(あるいはパソコン用)メガネの利用も検討されると良いかもしれません。

 


また強い眼精疲労には、毛細血管の部分まで血行をよくすることができるアスタキサンチン配合のサプリメントが効果的です。

 


眼精疲労を放置すると顔のたるみ、ほうれい線より目のたるみが深刻

 

f:id:maemukiworld:20170102011636j:plain

 

眼精疲労→肩こり→猫背→顔のたるみ、ほうれい線という説明をしてきましたが、それより深刻なのは、目のたるみかもしれません。目の周りの皮膚は、とても薄く、保水力も少ないので、どうしてもたるみが出やすい場所です。

 


その上、毎日何万回と繰り返しているまばたきによって想像以上に刺激を受けています。そこへ、疲れ目が加わるとどうしても目のたるみにつながりやすいのです。目が疲れると、老廃物や血液(水分)の流れも滞ってしまいますので、そちらの方面からも、目のたるみの原因になります。

 


眼精疲労により目の下のたるみが気になり出したら、まず目の周りの血行を良くすることをおすすめします。リンパの流れを良くすることにより老廃物を溜めずに排出させる手助けをするんです。首の付け根のあたりを指で良く揉みほぐして血流の流れを良くする必要があります。

 


目頭のあたりのツボを押したり、下まぶたなどのマッサージも良いです。一番簡単な方法は、蒸しタオルを放いて温めたり、ホットアイマスクで目を温めることです。目を温めると、眼精疲労の改善の他に気持ちも安らぐのでおすすめの方法です。

 


ホットアイマスクで良く見かけるのは「めぐリズム」や「あずきのチカラ」などです。どちらも人気の商品のようです。「あずきのチカラ」は、あずきの香りがここち良い様ですよ。