読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

寝方の悪さでできる顔のたるみ、ほうれい線予防のための寝具の選び方

顔のたるみによるシワ、ほうれい線の予防や改善を考えた時に、睡眠は、とても大切です。その睡眠の質を上げる為に、どのような手段が思いつきますか?やはり、枕を変えてみたり、寝具を変えてみたりなどの検討をすると思います。今回は、その寝具選びについての記事です。

 

枕の選び方については、以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

  

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防に必要な寝具とは

 

 

人は、寝相によっても、顔のたるみによるしわ、ほうれい線ができてしまいます。以下の記事を参考にしていただくと詳細がわかります。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

 

寝具と言うと、掛布団、敷き布団の両方を指してしまうと思いますが、これからお話することは、主に敷布団のことです。


敷布団画像

 

敷き布団などの寿命って考えたことはありますか?毎日使っている寝具なのに、布団の寿命などの関心が薄いひとが多い様に思います。枕は購入して、何十年も使っているとか、敷き布団も何十年も使っている方などは、普通に多いのではないでしょうか?

 


枕や敷布団の寿命は、約6年ほどです。

 


枕や敷き布団は、何年も使っていると、「ヘタリ」が出てきます。寝ている間にこの「ヘタリ」に身体がすっぽり入ってしまうと、背中は丸くなり首の湾曲がなくなりちょうど「猫背」の姿勢となってしまいます。

 


人間の身体は、30分以上同じ姿勢でいるとその姿勢を記憶すると言われています。猫背の状態のままで寝ていると起きた時も猫背になりがちです。猫背や体の歪みなどが気になっている方は、使っている寝具の見直しをする時期なのかもしれません。

 

 

思い切って、新しくすることで、姿勢もよくなり、それが顔のたるみによるシワ、ほうれい線への予防につながっていくことになります。

 

猫背については、以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com


 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防のための寝具の選び方

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線を引き起こす猫背や体の歪みを改善するための寝具を選ぶ時は、


●適度な硬さがある
●体圧分散型
●通気性に優れている
●保温力がある

 

などの点に気を付けることをおすすめします。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防の為の寝具は適度な硬さが必要

 

f:id:maemukiworld:20170101230910j:plain

 

敷布団は、ふかふかで柔らかいのを好む方が多いですが、柔らかい寝具を使っている方で肩こりや腰痛持ちの方って多くないですか?数年前ですと低反発のマットレス等が非常に人気でしたが、人気が出た時期は、肩こりや腰痛持ちの方が増えたと言います。

 


また、病院などに入院するとわかると思いますが、大抵、病院では、高反発マットレスが主流となっています。これは、医学的にも柔らかいマットレスを使用し長時間寝ていると床ずれの原因になったりするからです。資金的に余裕があり、患者のことを第一に考えている病院などは、高反発マットレスを使用しているところが多いです。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防の為の寝具は体圧分散型がおすすめ

 

f:id:maemukiworld:20170101231001j:plain

 


体圧分散型の敷布団は、身体が本来持っている整理的湾曲を保ちながら快適に寝れるように設計された寝具です。顔のたるみによるシワ、ほうれい線の原因となる猫背などの身体の歪みを予防し、さらに質の高い睡眠環境が得られます。

 


また、体圧分散型マットレスの特徴としては、身体を面で捉えるのではなく、点で捉えるので寝ている間の血行を十分に確保できますので、冷え性の方などにも最適です。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防の為には通気性に優れた寝具がおすすめ

 

f:id:maemukiworld:20170101231052j:plain

 

ひと昔前の敷布団は、綿もしくはスポンジを使用したものが大半でした。その為、これらの寝具は寝ている間の汗(寝ている間にコップ1杯の汗をかくと言われいます)やほこりを吸収し長年使用しているとアレルギー体質になりやすくなったりします。

 


そこで最近では、これらの綿谷スポンジを使用しない代わりにウレタンフォームを使用した敷布団が販売されるようになりました。ウレタンフォームの寝具は汗やほこり等を吸収せずいつまでも快適な睡眠環境を提供してくれるのです。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防の為の寝具は保温力が必要

 

f:id:maemukiworld:20170101231124j:plain

 

 

女性の場合、「男性と比べて手足が冷たくなりやすい」あるいは「理由もなく寒気がする」といった悩みを持っている方が多いです。その為、同じ季節であっても、女性の方が保温力の高い布団が必要となります。

 


ただ、あまりに厚手の掛布団を用いると、圧迫感で睡眠が浅くなることもあります。そもそも眠っている時に感じる寒さの大部分は床から伝わる冷気です。そこで、トルマリン鉱石を混ぜた綿を使用した敷布団など、冷気をシャットアウトできる敷布団がおすすめなのです。

 

 

以上が、顔のたるみによるシワ、ほうれい線の原因となる猫背や体の歪みを改善するための、敷布団を選ぶ時のポイントです。

 

寝る時の姿勢をまっすぐに保つのに必要な体圧分散力、寝返りが打ちやすく熟睡につながる硬めのマットレスを選ぶことで、睡眠の質は大幅に上がり顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防へとつながっていくのです。