読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ予防となる頭皮ケアのためのシャンプーの選び方

以前のブログで、顔のたるみによるしわ、ほうれい線の原因の一つに、「頭皮のたるみ」も考えられるんです・・・と言うお話をしました。以下の記事です。参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com



そんな事を知ってしまったら、じゃー使うシャンプーってどんなものが良いのかしら?なんていう疑問がわいてきませんか?今までは、髪に良いシャンプーを選んでいたけれど、頭皮に良いシャンプーを選ぶ必要があるってことになりますよね。


そんな、頭皮の為のシャンプーについて記事にしてみました。

 

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線予防のためのシャンプーについて

 

f:id:maemukiworld:20161225232553j:plain

 


シャンプーのパッケージをじっくり見たことありますか?「化粧品」や「医薬部外品」と書かれているのを目にしたことがあると思います。シャンプーは、「薬事法」という法律でこの2種類に分類されています。

 


化粧品は、人の身体を清潔に保ち容姿を美しくするためのものとしています。一方、医薬部外品は、医薬品より穏やかな薬効があるものとされています。この他にも化粧品には全成分を表示する必要があり、医薬部外品には、表示しなくて良いといった違いがあります。

 


シャンプーは、使われている材料によってさまざまな種類に分類されていますが、今回は、頭皮ケアに良いシャンプーということで、「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」の3つの分類と特徴について紹介します。

 


▼高級アルコール系シャンプー


高級と付いていると、何だか、とても高価なアルコールが入っているのかしら・・・と思うかもしれませんが、そうではなくて、アルコール分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼んでいるのです。

 


炭素数が多いものは、泡立ちがとても良く、程よい洗浄力を持っています。一部に天然由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われている商品もありますが、多くが石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤を使用しています。

 


石油由来の界面活性剤は、人によって刺激が強すぎる場合があるので、注意が必要です。市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。

 


▼石けん系シャンプー


多くの商品に、洗浄成分として天然成分の油脂や脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤(石鹸)が使われています。石けんは、天然由来の原料から作られることや、古い歴史をもち、人間が長く使ってきた界面活性剤であることから、石鹸系シャンプーは、安全・自然志向の方から好まれています。アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れを落としてくれますが、正しく使わないと皮脂を摂り過ぎるという特性もあります。

 


▼アミノ酸系シャンプー


アミノ酸系シャンプーは、他のシャンプーと比べても刺激が弱く、頭皮に優しい天然由来の高級樹脂酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われてます。肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにおすすめで、良く美容院で使われています。洗浄力は強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には物足りないかもしれません。

 

f:id:maemukiworld:20161226004338j:plain

 

 

顔のたるみ予防となる頭皮に良いシャンプーとは

 

 

3種類のシャンプーについて、紹介しましたが、顔のたるみ予防へとつながり、頭皮に優しいシャンプーと言うとどれになるのか判断できますか?一般的には、アミノ酸系シャンプーが低刺激で優しいとされています。

 


頭皮や髪にトラブルがある場合は、アミノ酸系を選ぶのが比較的安心です。しかし、必ずしもアミノ酸系シャンプーにすれば良いという訳ではなく、大切なのは、肌や髪質にあったシャンプーを選ぶことです。

 


今、使っている物が高級アルコール系シャンプーでも、特にトラブルがなければ、そのまま使い続けても良いと思います。高級アルコール系シャンプーで肌トラブルが起きた場合は、肌に優しいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。敏感肌や乾燥肌タイプの方に優しいです。

 


ただし、オイリー肌タイプの場合は、少し注意が必要です。皮脂分泌が多い肌質の場合、優しいアミノ酸系シャンプーでは、頭皮の皮脂を落としきれないことがあり、毛穴詰まりを起こしてトラブルの原因になる可能性があります。

 


また、高級アルコール系シャンプーでは、パーマやカラーが長持ちしにくいことがあります。優しい洗浄力のアミノ酸系シャンプーにすることで長持ちしやすくなるケースもあります。

 


石けん系シャンプーですが、頭皮がベタベタして髪にもハリがないという方におすすめです。ただし、アルカリ性で洗浄力も強いので、正しく使わないと髪がきしんだりごわつくこともあります。酸性のリンスを使うとアルカリ性に傾いた髪が中和され、きしみやごわつきを和らげてくれます。

 


洗浄力が高く肌への刺激が強いものを順にすると「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」ですが、成分表記は、量の多い順に書かれています。最初に水、その次に主な洗浄成分の界面活性剤です。

 

 

ラウリル硫酸、ラウレス硫酸の文字が含まれているのが強い洗浄力の高級アルコール系です。脂肪酸、石鹸素地の文字が含まれているのがアルカリ性の石鹸系です。メチルアラニン、グルタミン酸の文字が含まれているのが刺激の少ないアミノ酸系です。これらに注目して、シャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

顔のたるみ予防となるアミノ酸系シャンプーとは


顔のたるみ予防になる頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーと言うと、どのようなものがあるでしょうか?CMで良く見かけるような有名なものであればドラッグストアーなどで気軽に購入することができます。少し、値段は高めでも良い物を使ってみたいというのであれば、ネットなどで検索して、気に入ったものを使ってみるのも良いと思います。

 


今、東急ハンズでも販売されたり、ネットでも販売されている「アロマのやさしさ」は、頭皮のことを一番に考えて作られたシャンプーの様なので、頭皮ケアを真剣に考えている方におすすめのシャンプーだと思います。

 

f:id:maemukiworld:20161226004541j:plain

 


その他には、ドラッグストアで気軽に購入できるシャンプーとしては、クラシエのティアボーテHIMAWARIオイルインシャンプーやジュレームのアミノエクストラモイストシャンプーなどがあります。成分表などを自分なりにチェックして自分の為のシャンプーを選ぶことが一番大切だと思います。

 

 

f:id:maemukiworld:20161226004620j:plain


それでも、選べないという方は、一番相談できる人は、美容室の方だと思います。カットやパーマなどで美容室に行ったついでに、自分に合ったシャンプーと言うのは、どういうものなのか聞いてみるのも良い方法だと思います。

 


大抵、美容室の方も、自分のお店のシャンプーを進めてくることが多いですが、「本当にこのお客様は、悩んでいるんだな~」ということが伝われば、自分のお店以外の耳よりな情報も教えてくれたりしますので、相談する時は、真剣な気持ちで相談することが大切です。