読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

顔たるみ、ほうれい線予防を姿勢、寝相、食事習慣から改善するための情報

顔のたるみ、ほうれい線予防に猫背改善の座り方、どんな椅子が良い?

顔のたるみ、ほうれい線が生じる原因として、猫背も関係している場合があるというお話を以前しました。何度かに分けて猫背改善の対策についてもいくつか紹介しましたが、結局、ストレッチ、ヨガなどは、中々毎日続くものではないんですよね。

 


仕事を終えて帰ってきても、もうクタクタで、猫背なんかどうでも良くなってしまうものなのです。しかし、放っておくとやはり何年後かには顔のたるみ、ほうれい線で悩むことになります。そうならない為に、座り方だけでも工夫して、顔のたるみ、ほうれい線予防につなげましょうということを記事にしてみました。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com



顔のたるみ、ほうれい線予防につながる座り方

 

職業により異なると思いますが、特にデスクワークが多い方などは、1日のなかで「座る時間」と言うのはかなり長い時間を占めていると思います。また、タクシーの運転手やバスの運転手など、長い人だと6時間以上も座りっぱなしの人もいます。

 


姿勢を正す時は、自分が意識して治さなければ、何も変わりません。しかし、意識と言うのは、それほど長く続くものではないのです。ここでは、意識しなくても自然と姿勢を正すことができる座り方をおすすめします。


▼姿勢が悪くなる座り方の共通点


日常の中で、姿勢が悪くなり、背中が曲がって猫背になる場合というのは、ほとんどが座っている時に生じることだと思います。デスクワークなどで、一度その体制に入ると同じ姿勢を何時間も続けてしまいます。

 


長時間座り続ける場合というのは、どんな時でしょうか・・。勉強、ゲーム、漫画、スマホ・ケイタイ、デスクワークなどでしょうか・・・。でも、これらのことで共通していることと言うのは、「手元の作業」と言う点だと思います。

 


手を使う作業は、自然と肩が前に出てきます。実は、これが内巻き肩の原因になります。でも、肩が内側に曲がるのを抑えることは、できません。肩を開きながらデスクワークするのも難しく作業しづらいです。肩を丸めると自然と背中も丸まってきます。逆に後ろに反らすと胸を張ることになるので、姿勢も良くみえるようになります。

 


つまり、背中が丸まらない方法で座ることが大切です。しかも意識せずにそれができると一番良いことです。その為には、半強制的にその姿勢を自分の身体に落とし込む必要があります。まずは背中が丸まらな座り方を知り、どうしたらそれを半強制的に落とし込んでいくか考えてみましょう。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の背中が丸まらない座り方

 

f:id:maemukiworld:20170123125555j:plain

 

上記画像は、姿勢が綺麗で、正しい座り方です。大切なポイントは、以下になります。

①顎を引いて、背筋が伸び、視線が真っすぐです
②肘の角度が適度に曲がっている
③椅子の背もたれにお尻が付くように深く腰をかける
④ひざ頭とお尻が並行で、お腹をひっこめて骨盤を立たせる
⑤足裏全体を床につける


以上が、大切なポイントとなりますが、いつもこれらを気にしていたら、仕事になりません。また、自分の身体にフィットした椅子に腰かけられる機会はほとんどないかもしれません。その為、できるポイントだけ抑えて座ることをおすすめします。


▼椅子には深く座る


椅子に浅く座ったりしてませんか?なんとなく浅く座った方が姿勢が良く見えたりしますが、意外に腰への負担は大きい座り方です。単純に考えて、浅く座ることで、椅子に接している面積は小さいですからその分、体への負担が大きくなることは当然です。

 


また、浅く座った場合は、お尻と自分の足2か所で体を支えるのに対して、深く座る場合は、お尻、太ももの裏、足、背もたれの4箇所で体を支えることになるので、自然と体への負担は軽減されます。長時間座り続ける場合に、体への負担を軽くするには、深く座ることが大切です。

 


▼足裏全体を地面に付ける


足裏全体を床に付けることで、体をしっかり支えることができます。そうすることで、自然と骨盤も立ち、背筋がのびてきれいな姿勢を保つことができます。しかし、椅子には、様々はタイプのものがあり、学校や勤め先で自分に合った椅子を選ぶことは不可能です。

 

f:id:maemukiworld:20170123130517j:plain

 

また、身長の低い方は、床に足が付かない場合があります。そういう場合には、フットレスト(足置き場)を使って、足が床に付く工夫が大切です。ダンボールなどで工夫しながら作っても良いかもしれません。体を支えるためにも足が床に付くことは大切なことです。

 

 

▼骨盤を立たせる

 

f:id:maemukiworld:20170123130539j:plain


上記画像を参考にして下さい。骨盤が後ろに倒れていると、バランスをとる為に頭が前に傾き、背骨の一部が強くカーブします。骨盤を立たせると、カーブが緩やかになり、背骨に対して均等に負荷がかかります。

 


椅子に深く座り、足裏全体が床についている状態で座ると、自然と骨盤も立って、座った状態になると思いますが、それでも骨盤を立たせることが難しい人は、背もたれにタオルかクッションを椅子の間に挟み込むと楽に骨盤を立たせることができるようになると思います。

 

f:id:maemukiworld:20170123130652j:plain

 


以上のポイントに気を付けて座ることで自然ときれいな姿勢が保たれると思います。長時間、猫背のまま座り続けると健康にも影響が生じるほか、加齢に伴い、顔のたるみ、ほうれい線に悩むことになります。気が付いた時に、試してみることをおすすめします。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防の為の猫背解消の椅子とは

 

 

今まで、猫背にならない座り方を紹介しましたが、以上の様な座り方に気を付けても、結局、筋肉が疲れたりして、長時間の間には、姿勢が崩れてくるものです。それを予防するためにも、猫背解消の為のグッズを上手く使うことで、半ば半強制的に、きれいな姿勢を保つことができます。

 


猫背解消の為のクッションや椅子などは、かなり多く販売されていますので、自分で気に入ったものを見つけて取り入れることが大切です。私のおすすめは、使っている椅子にセットするだけで姿勢が綺麗になるクッションタイプの物がおすすめです。職場などで使えるのでとっても便利です。

 


三次元立体構造システムのエスリーム技術によって作られたと言われるpintoは、かなりおすすめです。座り続けることで体が持っている正しい軸の情報を与え続けて本来の快適な姿勢へと導いてくれるクッションです。

 


座っているうちに正しい重心へと導いくれて、座るほどに元気を与えてくれる椅子として誕生したようです。デスクワークなどで長時間座り続け、最近、顔のたるみ、ほうれい線が気になってきている方には、味方になってくれるアイテムとなります。


猫背解消グッズとして以下の記事も参考にして下さい。

tarumi-houreisen.hatenablog.com

顔のたるみ、ほうれい線予防に酵素洗顔の効果は?おすすめ洗顔料は?

今の時代、化粧品の進化はスゴイです。再生治療を取り入れたり、細胞に働きかけるコスメが出てきたりしてすごいものが続々作られています。化粧品が進化しても結局、「顔を洗う」という行為は何も変わりません。でも、将来、もしかしたら顔を洗わなくても良い時代がやってくるかもしれません。

 


そんな予感をさせてくれる洗顔のお話です。しかし、洗顔をすると、とても気持ちが良いですよね。眠い時など、水だけで洗顔すると一気に眠気が吹っ飛びます。

 

 

しかし一方で、お化粧を落とすW洗顔などは、肌にかなりの負担になっているのです。できれば、汚れだけ落として、余分なものは極力落としたくない。加齢とともにそんな気持ちが強くなります。そんな希望も叶えてくれる洗顔のことを記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、、ほうれい線予防に期待する酵素洗顔の酵素とは

 

f:id:maemukiworld:20170122020928j:plain

 


酵素は私たちの体の中や、その他全ての生体に存在しているタンパク質からできた物質です。生命維持に欠かせない存在です。体内で活躍する酵素の種類は、4000以上あり、分解・合成・酸化・還元といった働きをそれぞれの酵素が分担しておこないます。

 


酵素洗顔料に配合される酵素は、主に2種類あります。一つは、タンパク質分解酵素です。もう一つは、皮脂分解酵素です。お肌の黒ずみやくすみの原因は7割は角質であるため、タンパク質分解酵素が必要となりますが、角栓は7割が角質(タンパク質)、3割が皮脂でできています。その為、対策として、たんぱく質分解酵素と皮脂分解酵素の双方を配合している洗顔料が理想的となります。

 


▼タンパク質分解酵素


タンパク質は、一般的な洗顔料では分解されないため、ターンオーバーが遅くなったり、毛穴に角栓が詰まったりすると、角質が蓄積し、くすみや毛穴を詰まらせる原因となり毛穴黒ずみやニキビの原因になります。

 

 

角質は、タンパク質である為、それを取り除くことで肌のターンオーバーを整える効果が期待できます。具体的な成分には、パパイヤに含まれるパパイン、生姜に含まれるショウガプロテアーゼ、パインに含まれるプロメライン、などがあります。

 

f:id:maemukiworld:20170122021005j:plain

 

▼皮脂分解酵素


皮脂は、クレンジングや一般的な洗顔料で落とせますが、毛穴のつまりである角栓の3割ほどが皮脂でできているため、皮脂分解酵素が配合されていると、黒ずみ対策に効果的です。皮脂分解酵素には、海の植物であるサンゴなどがあります。


酵素については以下の記事も参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com


 

顔のたるみ、ほうれい線予防に期待する酵素洗顔の効果

 


酵素洗顔料は、年代を問わずに使えるところが特徴です。また、酵素の働きによって毎日のクレンジングや通常の洗顔料ではケアしにくい部分の掃除ができます。角質を分解する酵素は、天然の成分から生成することができ、石油系合成界面活性剤など刺激のある成分を使わなくても、汚れを落とせるとことがメリットです。

 

▼角質除去効果


乾燥肌や年齢を重ねた肌には、除去しきれない角質が存在し、それがくすみの原因になったりします。タンパク質を分解する酵素洗顔は、角質を除去する最も有効的な手段です。ただし、頻繁に使い過ぎると刺激を感じることがあるので、使用感覚を空けて、様子を見ながら継続することが大切です。


▼角栓除去効果


毛穴が詰まって黒ずむ原因は、いくつかありますが、毛穴が詰まっている場合、肌の角質(70%)+皮脂(30%)が混ざり合い、「角栓」となっています。角栓をつくるほとんどがタンパク質でできた角質であるため、クレンジングや一般的な洗顔料よりも酵素洗顔が有効です。


▼ターンオーバーを整える効果


酵素洗顔は、角質を分解し肌から余分なものを取り除くため、定期的に行うことでターンオーバーの乱れを予防することができます。肌トラブル、老化の原因による顔のたるみ、シワなどは、ターンオーバーの乱れにあります。


ターンオーバーが遅すぎると、古い角質が肌表面に蓄積し、新しい細胞が生まれにくくなります。加齢により自然とターンオーバーは遅くなりますが、遅くなると肌は乾燥するため、くすみ・たるみ・シミ・シワといったあらゆる症状を引き起こしやすくなります。


洗顔については、以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に効果的な酵素洗顔料とは

 


酵素洗顔は、酵素の力で、角質や角栓を除去してくれる、洗浄力の強いものです。乾燥肌の方や敏感肌の方が毎日使うと更にトラブルの原因を引き起こす場合があるので、2~3日使用感覚を空けて使うことが良いのですが、最近、酵素洗顔料でも美容成分97.5%という酵素洗顔料が話題になっています。

 


それが、マナラモイストウォッシュゲルです。マナラモイストウォッシュゲルは、低刺激なのに洗浄力も高いという不思議な効果を持っている洗顔料です。その理由は、カプセル化したパパイン酵素という成分が大きな役割を果たしているからです。

 

f:id:maemukiworld:20170122021204j:plain

朝用美容液洗顔料モイストウォッシュゲル 

 


カプセル化パパイン酵素は、タンパク質を分解する働きをもっている成分です。植物のパパイア由来の成分なので、アレルギーが起こることもほとんどありません。また、老廃した細胞だけをピンポイントに分解してくれる特徴をもっているので、皮膚の表面を傷つけずに古い角質や毛穴汚れだけをピンポイントに落としてくれます。

 


従来のパパイン酵素は、水に弱く、洗顔料の成分に使うことはできなかったのですが、マナラモイストウォッシュゲルは、このパパイン酵素をカプセル状にすることでゲル状の洗顔料として効果を発揮しています。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に効果的なマナラモイストウォッシュゲルの成分と効果

 

 

マナラモイストウォッシュゲルには、カプセル化したパパイン酵素の他にも様々な美容成分が含まれていることで、洗顔後の肌に潤いとハリを与えてくれる洗顔料です。その成分と効果については、以下の通りです。

 


▼アーティチョーク葉エキス


西洋野菜の一つで、伝統的な植物療法でも用いられてきた植物です。化粧品に配合されている場合には、肌荒れを防ぎ、肌のハリや弾力をアップさせる潤い成分としての働きや毛穴の引き締めという目的で使用されています。

 

 

マナラモイストウォッシュゲルでも毛穴の汚れを取り除いた後の肌のケアと共に引き締めを補助する目的で配合されています。

 


加齢とともに生じる顔のたるみ、ほうれい線が気になり始めると毛穴の開きも目立ち始めます。毛穴が開くと、肌のハリが失われてしまい、顔の肉がどんどん垂れさがってしまいます。毛穴の開きを改善することで、顔のたるみ、ほうれい線予防につながります。

 

 

▼ハイドロキノン誘導体

天然植物由来の成分から作られており、美容医療に用いられるハイドロキノンに似せて生み出された成分です。安全性を考慮して作られているので、ハイドロキノンよりは効果は低いですが、肌への刺激は穏やかです。 αアルブチンイコールハイドロキノン誘導体でもあり、美白化粧品に配合されています。

 


▼ビタミンC誘導体


美白有効成分としての働きだけではなく、抗酸化作用、皮脂分泌コントロール、コラーゲンサポートなど色々な美肌効果に優れています。ビタミンCを安定化させるために開発された成分です。

 


▼コラーゲン


マナラモイストウォッシュゲルには高分子コラーゲンと水溶性コラーゲンが配合されてます。高分子コラーゲンは肌表面の保湿をサポートし、汚れを包み込んで落とす働きも担っています。 また、水溶性コラーゲンは保湿力・保水力が高く肌表面の潤いを補ってくれます。

 


▼ヒアルロン酸


4種類のヒアルロン酸が配合されています。段階的に肌の保湿をサポートして、汚れを包こんで落とす役割も担っています。

 


▼スクワラン


皮膚との親和性が高く、天然の皮脂をサポートしつつ、肌のバリア機能として作用します。

 

f:id:maemukiworld:20170401014724j:plain

 


▼オリーブオイル


保湿効果が高く、多くの栄養素(ビタミンA・ビタミンE・スクワラン・ポリフェノールなど)を含んだ植物オイルです。数多くの化粧品に使用されており、肌の潤いを守るのに役立ちます。 毛穴ケアや角栓ケアには必要とされる成分の一つです。

 


▼ホホバ種子油


保湿効果に加えて、ワックステルという肌の潤いを保ち健康的な肌作りに欠かせない成分を含んでいることでも知られています。オリーブオイルと同様に美容オイルとして人気が高い植物油です。エイジングケア化粧品などに多く採用されいます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線予防に効果的なマナラモイストウォッシュゲルの使い方

 

 

マナラモイストウォッシュゲルは、基本的には、朝の洗顔に利用するものとして作られた商品です。

 


普段、毛穴の黒ずみや角栓が気になる方はコットンにゲルを2プッシュほど取りだし、肌をマッサージするようにふき取ります。この場合はすすぎは不要です。

 


また、乾いた肌に馴染ませ、全体に馴染んだらぬるま湯ですすぐといった通常のクレンジングと同様に使うこともできます。 ゲルタイプなので泡立ての必要がなく、朝起きたままの肌にすぐ使えるところが助かります。

 


また、コットンでのふき取りなどすすぎもお好みで決められるので、お肌のコンディションに応じて選べるのも嬉しいポイントです。 洗浄成分を含んでいないので、乳液洗顔をした後と同じようなしっとり肌を実感できます。


朝の洗顔、これで良いの?と思う方は、以下の記事も参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com